トラックドライバーの求人選びでチェックすべきポイントとは


仕事で使用するトラックの種類と必要免許を確認しよう

トラックドライバーの求人選びをする時には、業務中に使用するトラックの種類と採用時に必要となる免許についてよく確認することが大切です。たとえば、全国を営業エリアとする長距離のトラックドライバーは、大型のトラックを運転する機会が多く、大型や中型の免許が無ければ求人に応募ができないケースもあります。特に、ドライバーの数が少ない運送会社の営業所の中には、中途採用時の免許や実務経験などの条件が厳しくなっているところが珍しくありません。一方で、ドライバーの配置に余裕がある大手の運送会社をはじめ、免許を持っていない若手の求職者を積極的に採用しているところも増えており、条件を満たせば会社負担で仕事に必要な免許を取得することが可能です。

正社員のドライバーになるときには勤務体系に注目

正社員のトラックドライバーとして就職をする時には、勤務先の事業内容やドライバーの在籍数にもよりますが、夜勤や残業の時間が長くなったり、繁忙期に休日出勤を命じられたりするケースもあるため注意が必要です。また、一日に担当する荷物の量によっては、業務の合間にほとんど休憩時間を確保できないこともあり、体力面の問題を抱えながら働いている人も少なくありません。そうした問題を防ぐには、求職中に各地の運送会社や配送業者に勤めるドライバーの勤務体系に目を向けて、長く働ける環境にあるかどうか見極めをすることが肝心です。その他、職場探しの際に正社員のトラックドライバーとして長年のキャリアを持つ人にアドバイスをもらうのも有効です。

トラックドライバーの求人は、運送や物流の仕事に長く携わったことがある人や、運転技術やマナーが身についている人を対象としたものが目立ちます。

Next post プラントの定修工事とはなにか?主な4つの業務を解説
Close