プラントの定修工事とはなにか?主な4つの業務を解説


工場には欠かせない!定修工事とは?

プラントや工場を維持するためには、施設の定期的な点検やメンテナンス、あるいは修理が必要です。定修とは、このような定期修理の略語のことで、定修工事とも呼びます。定修工事することで、プラントや工場は安定した稼働ができ、急な停止や故障といったトラブルを避けることができます。なお、プラントや工事は大きな建築物が多いので、定修工事は高所での作業がほとんどです。そのため、定修工事では足場を組み立てる作業がとても多くなります。

定修工事の主な4つの業務

1つ目は、プラントや工場にある設備点検です。工場を稼働するためには、法律で定められた検査をしなければなりません。定修工事では、プラントを停止させた状態での点検作業をおこないます。2つ目は、配管などの設備の交換です。工場やプラントが稼働すると、配管などの設備が劣化していきます。これらの交換も、定修工事の際に行います。大型設備の交換の必要があるときは、レッカーやクレーンを使うこともあるので、重機の資格は定修工事で役に立つでしょう。3つ目は洗浄です。工場やプラントの稼働を続けていると、施設自体が汚れていきます。汚れを放置していると、設備の悪化を招くだけでなく、製品にも影響をおよぼしかねません。定修工事では施設を維持するために洗浄作業を行います。ジェット清掃装置やバキュームで汚れを取り除くだけでなく、場合によっては薬品なども使用します。4つめは、プラントや工場の改造です。製造する製品レベルや、目的に合わせてプラントや工場は、その設備のグレードアップが求められます。そのための改造を定修工事では行います。

定修は、工場の機械設備を正常な状態で操業できるように維持するうえで欠かせない業務の一つとなっています。

Previous post トラックドライバーの求人選びでチェックすべきポイントとは
Next post  
Close